県外視察研修会

日時:平成30年10月24日(水)午前8時~5時

場所:東京八王子市廿里町 多摩森林科学園

〈研修テーマ〉

 我が国最大の森林関係研究機関、明治以後からの研究成果や樹木の保護育成、管理を視察研修する。

多摩森林科学園の概要〉

 八王子市高尾にある「多摩森林科学園」は、森林に関する研修機関で、展示館(森の科学館)、約7ヘクタールの樹木園(およそ600種)、サクラ保存林を通年一般公開している。

 木材を活用した2階建ての「森の科学館」は、パネルや映像、いれいろな資料を展示、交流の場、森林講座も開催。

f:id:yamanashimidorisupport:20181206210145j:image

 8ヘクタールの広大な「サクラ保存林」は、江戸時代から伝わる栽培品種や国の天然記念物指定のサクラのクローンなど、全国各地のサクラ約1500本が植えられており、見頃となる2月下旬から4月下旬は多くの人で賑わう。

 「樹木園」は、7ヘクタールの敷地に、昭和の初期から、国内外の樹木約500種、6000本を植栽。園内では775種の野生植物が記録され、季節の植物を楽しめる。

 また都市近郊としては珍しく、四季折々、野鳥、ほ乳類などたくさんの生きものたちに出会えるのも魅力。園内ガイドツアー(2時間)も開催している。

○サクラ保存林みどころ

 約8ヘクタールにもおよぶサクラの保存があり、全各地のサクラ🌸1500本が植えられています。サクラ🌸の開花は種類によって異なり、2月下旬から4月上旬まで順次見頃をむかえます。

f:id:yamanashimidorisupport:20181206210207j:image

 恒例の県外視察研修会は、東京都八王子市にある独立行政法人森林総合研究所多摩森林科学園を研修しました。

〈研修のテーマ〉

 我が国最大の森林関係の研究機関、明治以後からの研究成果ゆ樹木の保護育成、管理を研修する。

 当園の研究員さんのご案内でまず園内の概要について説明を戴きました。次に樹木園を視察しましたが、第1樹木園は台風➰🌀の為倒木があり立ち入り禁止となり、今回は第2樹木園のみとならました。

 参加者が42名と大勢となり、2班に別れてご案内戴きまた。 

f:id:yamanashimidorisupport:20181207182809j:image

 
f:id:yamanashimidorisupport:20181211112315j:image