第11回武田の杜トレイルランニングレース大会サポート

日時:令和元年12月8日(日)AM8時~14時

場所:武田の杜(武田神社湯村温泉郷)

主催:武田の杜トレイルランニングレース実行委員会

共催:甲府市教育委員会

○プロデュース・トレイルランナー🏃石川弘樹レースコンセプト

 里山の自然を感じながら走る🏃・・・これがトレイルランニング

 甲府駅より見渡せる、そしてその中に整備された武田の杜の遊歩道等を使用し、里山(標高320m~700m)の自然を感じながらトレイルランニング

 トレイルランナーとして日本はもとより世界各地で活躍するかたわら、健全で魅力あるトレイルランニングの普及に努める日本第一人者石川弘樹氏。その彼が走破し、「こんな近くに良いトレイルがあるのにもったいない、初心者から上級者まで楽しめるコースでトレイルランニングの適地」と高い評価。

 東京から1時間半という都市近郊の街「甲府」気軽に訪れることができるフィールドで里山の自然を感じながら周囲を囲む山塊(世界文化遺産に登録された日本一の富士山、南アルプスの山並み等)甲府盆地を眺めながら、トレイルランニングの楽しさを体感して下さい。 

     以上大会のコンセプトを掲載しました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191210173330p:plain

 武田神社スタート前の風景

f:id:yamanashimidorisupport:20191210173527p:plain

 当日は厳しい寒さの中午前8時武田の杜サービスセンター前に集合し受付後、責任者の指示に従い、予め指定された位置に向かいランナー🏃の到着を待ちました。

 午前8時武田神社をスタートしたランナー🏃およそ750人大勢のランナー🏃にポイント地点では大きな声援が選手を励まして居ました。

 さすがに我々の地点では既に終盤に近くランナーもまばらに成り、尚一層の声援を贈りました。

 やがて、最終ランナー🏃の到着を待って各々解散となりました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191210173847p:plain

サポーター会12名の皆さん寒い❄中大変ご苦労様でした。

                       以 上

「三恵の大ケヤキ」の保護育成活動(環境美化)

日時:令和元年12月7日(土)AM10時~12時

場所:南アルプス下今井地内

 経 緯 

 南アルプス市下今井に有ります。国指定の天然記念物「三恵大ケヤキ」が10月12日の台風⚡🌀☔19号で大きな被害を受け、二本の幹の一本の半分が折れました。

 ケヤキの北側に住んでいる「飯泉さん」は昔からケヤキの世話を行っているようで、草々に被害状況を市役所に報告しました。「早急に対処します」と市から返事が有った様ですが、ケヤキは国指定天然記念物でもあり県・国等諸手続きに時間を要しているようです。

 飯泉さんは昔からケヤキの周りの草刈り、落葉の清掃を行っておるとの事でした。お話し中で、我々が緑サポーター会の班活動の一環としてお手伝いしたい旨お話したところ「是非ともお願いしたい」との返事を頂きました。

 今回は「落葉の清掃、小枝拾い」などを行い、今後は樹木医さんとの連携を進めながら天然記念物の保護育成に少しでも携わる事が出来ればと思っています。

 南アルプス市教育委員会文化財課に対しては「緑サポーター会」の組織や活動に対しては理解を示していただきました。市から落葉収集袋の支給及び収集した塵の回収を行って頂く事に成りました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191206105934p:plain

 当日サポーター会参加者11名とケヤキの前の真道さん裏側の飯泉さん教育委員会文化財課主幹田中さん総勢14名で美化活動に取り組みました。

 始めに山村会長より活動の経緯に付いて説明がありました。続いてケヤキの世話をしている飯泉さんから年間の作業状況に付いてお話しが有りました。

 次に文化財課主幹田中さんからは、これ迄の対応の経緯と今後の予定について報告が有りました。 

 この中で、今月中には倒木処理業者の入札が行われる予定であるとのことです。

 又、今回の美化活動に付いての謝意が有りました。

 作業の前、みなさんで大ケヤキの被害状況をじっくり観察を行いました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191210170634p:plain

落葉の🍂清掃状況

f:id:yamanashimidorisupport:20191210170820p:plain

落葉🍂清掃や枯れの処理状況

f:id:yamanashimidorisupport:20191210170910p:plain

作業終後、参加者のみなさんご苦労様でした。

                            以 上
 

 

 

美し森秋の美化活動

日時: 令和元年11月23日(土)9:00~12:00

場所: 美し森一帯

   9:00開会式

  北杜市観光協会浅川会長さんのあいさつ

 美し森ツツジ祭りは約70年前から始まったと言われています。歴史有る美し森のレンゲツツジを皆さんお力をお借りして守って行きたい思っています。

 来年度からは、国・県により美し森一帯の遊歩道整備事業が実施されることが決まりまた。 

 次に、各種団体の紹介では、広岡事務局長から緑サポーター会の活動をアッピールしました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191123090315j:plain

 閉会式後、各種団体は夫々の分担に別れて下草刈り作業が開始されました。わがサポーター会は、春のツツジ祭りで植えられた山頂付近一帯、幼木の周りに繁茂したミヤコザサの刈り取りに爽やかな汗を流しました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191123102420j:plain

笹藪と格闘する会員の皆さん。

f:id:yamanashimidorisupport:20191123104837j:plain

この春植樹したレンゲツツジが藪に覆われて隠れて仕舞っていました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191123105821j:plain

参加者9名の皆さん大変ご苦労さまでした。        

                                                以 上       

県外視察研修会

日 時 :令和元年11月13日(水)

場 所 :神奈川県中郡二宮町〈地域の環境を良くする会〉

 「研修テーマ」

 EMを活用した地域の環境修復、また樹木(桜)の保護育成活動などを視察、研修する。

f:id:yamanashimidorisupport:20191117121949j:plain

 

  [地域の環境を良くする会の紹介]

   発足2004年 会員12名(2019年10月現在)

 私たちは、微生物資材を用いて、地域の環境浄化に貢献する活動を行っています。

 原則、毎週水曜日の8時ごろから11時半ごろまでを作業時間としています。

 活動の内容は、EM活性液の製造販売、川の水質浄化、環境保全型農業の支援、葛川沿いの桜や公園の花木の病害虫予防、EMボカシの製造販売、などです。

f:id:yamanashimidorisupport:20191119153811p:plain

 地域の環境を良くする会の活動やEM活性液製造販売の拠点で朝のミーティングから始まりました。

 

●葛川水系と梅川の水質浄化(2002年から)

 毎週合計1トンのEM活性液を放流しています。放流場所は現在7ヵ所。雨天時は放流中止。

●葛川沿いの桜守🌸ソメイヨシノと枝垂桜(2006年から)

 害虫イラガやモンクロシャチホコの大量発生は見られなくなりました。

 心材腐朽で空洞化した場所から不定根誘導して樹勢回復したものもあります。

f:id:yamanashimidorisupport:20191119153203p:plain

 樹齢50年の桜🌸旺盛な樹勢の桜並木を観察、長谷川樹木医の説明を熱心に聞き入るサポーター会員

せせらぎ公園の菖蒲と蓮(2016年から)

 病気予防と花の色を鮮やかにしるため、毎週40リットルのEM活性液を使用しています。

 水質が良くなり、初夏には沢山の蛍が飛び交います。

 

午後から二宮町町民センターに移動して、地域の環境を良くする会と意見交換会及び長谷川樹木医のプレゼン、始めに副町長様からあたたかい歓迎のお言葉を戴き、更に二宮町の概要に付いてもご説明を戴きました。

 あたたかい歓迎に心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191119154047p:plain

 

長谷川樹木医のプレゼンテーション

〈テーマ〉: EMを活用した環境修復と樹木の保護活動

f:id:yamanashimidorisupport:20191119153848p:plain

EM活性液の活躍(2016.6~2017.4) 

  全国都市緑化よこはまフェアの里山ガーデン

 以前は谷戸田であった新治の谷戸はヨシが生い茂る湿地となっていたが、緑化フェアの開園日に菜の花を満開にするというプロジェクトに技術指導とEM活性液の供給の両面で取り組んだ。

 プロジェクトは横浜市環境創造局、川嶋園、樹木医(地域の環境を良くする会) の三者で構成した。

 

 多くの入園者が見込まれる全国的な緑化フェアで、開園日に満開の菜の花が迎えるミッション。

 除草剤など農薬、殺虫剤、化学肥料は使えないことから、横浜市環境創造局はせせらぎ公園🎄⛲の菖蒲や天然ホタルが舞う管理を見て、また葛川沿いの桜並木のEM活性液による治療法や樹勢回復、害虫対策の状況を見て全面的に協力を要請して来た。

 塩入EM活性液15トン、EMペレットを3000㎏使用して菜の花を満開にすることが出来た。

 横浜市からも「合格」の言葉をもらた。地域の環境を良くする会の実力が試された一年だった。

   以上、地域環境を良くする会の資料を掲載しました。

 

   〈意見交換会

f:id:yamanashimidorisupport:20191119153922p:plain

 地域の環境を良くする会の会長さま、長谷川樹木医、藤田樹木医、大磯町造園業者Y さん、EM液の普及び販売を担当するAさん、EMに限らず菌を愛するMさん、EMを庭や家庭菜園に活用するNさんの7名の皆さんが、葛川の水質浄化や桜守🌸EM活性液散布、せせらぎ公園の花菖蒲管理、里山ガーデンの実績など地域をこよなく愛する熱い想いを語って戴きました。

  サポーター会では、山村会長が武田神社外堀のEMだんご🍡浄化活動の実績に付いて又、小林副会長からは、EM液の培養や樹木に活用した実績効果に付いての説明が有りました。

  参加者の皆さんもEM活性液、EMボカシの環境浄化作用や病害虫への効果をまの当たりに見聞きして感銘を受けました。素晴らしい❗

 参加者の会員25名一般参加者2名が、地域の環境を良くする会の皆様の素晴らしい❗活動実績に敬意を表しました。

 

f:id:yamanashimidorisupport:20191113103942j:plain

EMで海・河川の浄化をキャッチフレーズに❗🌊

f:id:yamanashimidorisupport:20191120175552p:plain

地域の環境を良くする会の皆さんとご一緒に❗

f:id:yamanashimidorisupport:20191119183041p:plain

 

る第2回学習会の開催

  1. 日時:令和元年 9月11日(水) 午後1時30分~3時

  2.場所:武田の杜サービスセンター 研修室

 

標題:「EM菌とは、その活用について」

講師:山 村 丈夫 氏 

  (EM共生ネットワーク山梨峡中支部会長) 

講師紹介とEM菌とはの概要について、小林副会長より説明が有りました。

 「EM菌とは、その活用について」

f:id:yamanashimidorisupport:20191108180305p:plain

 

学習会資料「EMとは、その活用について」

f:id:yamanashimidorisupport:20191031120452j:plain

 

1、EMとは?

        エフェクテイブ・マイクロオーガニズム

  有用微生物群(EffectiveMicroorganisms)のことで、主に含まれている微生物は乳酸菌、酵母光合成細菌等の有用菌(善玉菌)と言われている菌の共生物です。

 開発者は琉球大学名誉教授で農学博士の比嘉照夫氏です、1980年に偶発的に完成し、1991年に「微生物の農業利用と環境保全」を著し、微生物の無限の可能性を強く示唆した。

 その後、汚染にまみれた農業・水質・畜産・生ごみなどを再生する切り札としてEM技術がますます重要で有ることが世界的規模で証明されて来ている。

(1)EMの特徴

 ①抗酸化作用

 ②非イオン化作用(マイナスイオン効果)

 ③磁気共鳴波動(整流)

 汚染の本質は、活性酸素フリーラジカルによる強烈な酸化作用で有り、破壊は物質が酸化によってエネルギーを失ってイオン化し、有害な波動を出す現象である。環境の悪化や生産機能の低下、及び自然界に存在する病気の大半のものは、すべて酸化劣壊の結果で有る。EMはこの酸化劣壊を防ぐだけでなく、すでに酸化したものを正常に戻し、機能性を高める性質がある。

 (2)微生物

 森林などの落ち葉が積もった土壌には、土1g当たり1~10億個もの微生物が棲んでおり、有機物の分解・合成して土壌を肥沃にしている。

 人体には種々雜多な微生物が約100兆個、腸内には100種類以上の細菌(総量約3kg)、皮膚1cm²には20~30万個の微生物が棲み付いている。(人体の細胞は約60兆個)

 大気1m³には数百~数千個の細菌細胞やカビ胞子が飛んでおり、室内の空気ではさらに密度が高くなっている。

 

2、EMに含まれる主な微生物群の種類と働き

(1)光合成細菌群 嫌気強光好む(生育環境)

 土壌が受ける光と熱をエネルギー源として、植物の根から出る分泌物、有機物、あるいは有害ガスを基質に、植物の生育に欠かせない窒素化合物、アミノ酸、生理活性物質、糖類などを合成する。

(2)乳酸菌群 嫌気条件で発酵により増殖

 光合成細菌、酵母菌からもらい受けた糖類などをもとに乳酸を作り出す。乳酸には強い殺菌力があり有害な微生物の活動や有機物の腐敗分解を抑制する働きがある。

(3)酵母菌群 嫌気条件で発酵により増殖

 植物の根から出る分泌物や光合成菌が作り出すアミノ酸、糖類、さらに土壌中の有機物などを発酵させることによって、有効な物質に変える。

(4)放線菌群 好気性菌(生活環境)

 細菌とカビの中間形態を示す菌で、光合成細菌などがつくり出すアミノ酸などをもらい受けて抗生物質をつくり出す。これによって病原菌を抑制するほか、有害な細菌類やカビが増えるのに必要な物質(キチン菌)を先取りして増殖を抑え、その他の微生物が

生息しやすい環境をつくる。

3、EM技術を支えるEMの基本的資材及び特長

 EM・1 :EM関連の基材で好気性と嫌気性の微生物(主な微生物は乳酸菌、酵母群、光合成細菌群)を天然材料で複合培養したもの。これらの種々の微生物の働きが有機物の処理、環境中の微生物の活性化を行い植物の培養、家畜の飼育に好影響を与えます。

 EM・2  :天然材料を原料として各種有用微生物が生成する生理活性物質や酵素の働きを強化したもの。

 土壌中でこれらの有効物質が生育促進や品質向上に作用します。放線菌を強化するためにつくられて坑酸化力が強い。

 EM・3 :天然材料を光合成細菌を主体に培養したもの。土壌に有機物を投入した際の作物への悪影響を軽減しましす。

 有用な放線菌の増殖を助け、作物の生育に適した土壌環境づくりを促進します。

 EM・3S  :光合成細菌主体で枯草菌(バチルス菌)を共生培養したもので、生きた微生物と微生物が作り出したカロチン系色素などの有効成分が、植物の生育を旺盛にしたり、甘みや色づきを良くします。

 EM・7 :厳選された植物エキス、EMセラミックス、ミネラルをEM技術で統合させ、強い坑酸化力を有した植物活力剤です。

 天然ストチュウ(EM・5)   :醸造アルコール醸造酒、にんにく、唐辛子を乳酸菌、酵母光合成細菌と糖蜜を加えて発酵させた葉面散布用の農業資材です。天然材料を餌として増殖・活性した有用微生物の働きにより生成された各種有機酸を多く含んでいる。(害虫避棄効果等あり)

    EM・XGOOLD : EMが産生する坑酸化物質の濃縮液。坑酸化力が極めと強いため、食品加工をはじめ、あらゆる資材の機能性を強化するためにあるが、医療・健康などの幅広い領域で使われている。無味無臭で「清涼飲料水」として市販させている。

 EMセラミックス:EM・XとEM・1を粘土に混和して熟成したあと、800~1200℃で焼成したセラミックスで、極めと磁気共鳴波動(重力波)を持っている。製品としては使い道により種々あります。又、粉末状(パウダー=スーパーセラC)にして使いやすくしたものもあります。

 EMW  :機能的にはEM・1と同じであるが、EM・1作成基材を着色しない材料を使って作ったもので、家庭の清掃等を主体にした用途をもったもの。

 EM活性液 :EM・1を糖蜜等を使って増殖し活性化したもの。

 EMボカシ :米糖などをEMで有用発酵されたもの。用途により1型(生ごみ処理等)と2型(農業用)がある。

 農業(緑化)でのEMの使い方

 土壌散布する方法・葉面散布する方法・具体的な使い方

f:id:yamanashimidorisupport:20191107133339j:plain

  「樹園地」基本的には畑地と同様の使い方をします。

f:id:yamanashimidorisupport:20191107133309j:plain

 以上研修会資料を掲載しました。

f:id:yamanashimidorisupport:20190911135157j:plain

 第2回学習会は武田の杜サービスセンター研修室で盛会に開催されました。参加者は会員23名と一般参加者2名が熱心聴講していました。

 参加者の皆さん大変ご苦労様でした。

 

f:id:yamanashimidorisupport:20190911130354j:plain やまなし緑サポーター会の実践や学習にお世話になっている、武田の杜サービスセンター

 

 

 

 

 

吉谷桂子氏講演会に参加して

開催日:令和元年10月23日(水)午後2:00~4:00

場 所:敷島総合文化会館(山梨甲斐市島上条1020)

演 題 「これからのガーデニングと花の庭」

 美しく心癒す草花と、それを育てるガーデニングあり方。

 また、昨今の気候変動も含め、変わりゆく生態環境や時代、自分の体力気力も視野に入れ、これからのガーデニングに求めたい[真・善・美]の可能性を探ります。

f:id:yamanashimidorisupport:20191031120531j:plain

○イングリッシュガーデンて何?

 イングリッシュガーデンとは、ガーデニングが盛んなイギリスではよくみられる自然美をたたえる庭のことを言います。

 田舎の風景が庭で楽しめるように作られるコテージガーデンやカントリーガーデンといった言葉も似たような意味合いです。18世紀~19世紀に始まったイギリス式庭園(風景式庭園)の流れを汲んだもので、イタリア式庭園フランス式庭園幾何学的な様式とは異なり、自然のままの植物や花を楽しめる庭園です。

f:id:yamanashimidorisupport:20191106162416p:plain

○イングリッシュガーデンの作り方

 イングリッシュガーデンは自然な雰囲気を楽しむ庭園です。

自分の好きな花をどのように植えようか、自由な発想が楽しい庭です。しかし、自然のままと言っても、植物の特性を知り、バランスなどを計画することも必要です。それをしないと、荒れ果てた庭になってしまいます。

 手入れをしているのに、自然風にみせるところにイングリッシュガーデンの醍醐味があります。

○イングリッシュガーデンの作り方の3 つのポイント

1.ボーダーガーデンをつくる

 イングリッシュガーデンの代表的なスタイルにボーダーガーデンがあります。

 これは建物の屏や小道に沿って手前から奥にかけて高くなるように植物を配置して作ります。

 こうすることで、庭に広がりや奥行きをもたせ、自然雰囲気をつくることができます。

 ボーダーの幅は1~2mあれば大丈夫です。

2.イングリッシュガーデンは色彩が大切

 あなたの好きな花の色は何色ですか?イングリッシュガーデンには、自然を感じる庭。どんな花でもokです。しかし、そこで大切になる植物の色です。色合いを同系色でそろえて配置しること、まとまりのある庭になります。 

 また花が咲く時期が1ヶ所にまとまらないように、季節ごとにずらして境界を作りながら配置することで1年を通して花を楽しむことができます。

3.エクステリアは自然素材を使おう

 イングリッシュガーデンには自然素材が似合います。小道にはレンガやテラコッタタイルを据えたり、庭に置くベンチやテーブルも木製で、また小物もブリキやアイアンなど、なるべく自然素材で統一する。

○イングリッシュガーデンにおすすめの植物

 1年を通して庭を彩るよう、様々な植物の花(宿根草、球根、1年草)を植えてみましよう。

 ボーダーガーデンの手前には華やかな種類1、2年草(キンギョソウやパンジービオラ、ストック、カンパニラ)などを。

 その後には、チュリツプやガーベラ、アリウム、クリスマスローズといった球根や宿根草を植えます。

 一番高い場所に植える代表的植物には、デルワィニウムやピナスやコニファーといったものがあります。

 日陰にはギボウシのような存在感のある葉っぱを植えておくと庭の景観をぐっと引き締めてくれます。

 しかし、ジキタリスやデルフィニウムなどのイギリスの花は日本の夏に耐えられないものも多いので、ワレモコウやツバキ、ボタン、山野草など日本の植物を植えてみても意外と似合うものです。

○イングリッシュガーデンにおすめ! バラやハーブを植えてみよう❗

f:id:yamanashimidorisupport:20191106162337p:plain

 バラはイングリッシュガーデンの代名詞といえるものです。絶対に植えなければならないものではありませんが、華やかな印象が庭のシンボル的ものとなるので植えてみると楽しいかもしれません。

 その時、なるべく1本と主張の強い花ではなく、野に咲くような小ぶりのオールドローズやスプレータイプのバラ、モッコウバラなどを選ぶのもよいでしよう。

                      

  以上 2018、1、31

 イングリッシュガーデンって何?お庭の作り方や植物の種類などをご紹介から掲載しました。

 

 令和元年度山梨県・緑の普及啓発事業特別講演会に会員29名が参加して、後援者 の一翼を担う事が出来ました。

 

 

 

 

 

第12回甘利山クリーン大作戦中止

い~ら!にらさき情報発信10月25日16:41

明日(10日26日(土))に開催予定の第12回甘利山クリーン大作戦は天候不良により、中止させていただきます。

ご理解をお願いいたします。

 今回も、やまなし緑サポーター会から10名の参加予定者が有りましたが、天候不良等により甘利山線道路が不通となり残念ですが中止となりました。

f:id:yamanashimidorisupport:20191106125525p:plain